妊活で準備したもの。買ったもの。その4〜チアシード〜

どうもこんにちは、ミエハルコです。

 

今回は、妊活中に買ったもの番外編「チアシード」についてです。

 

前回は葉酸について書きましたが、葉酸についていろいろ調べているうちに、妊娠するには健康な身体づくりが大事だと思うようになりました。

 

葉酸だけではなくいろいろな栄養素をバランスよく摂取すること、身体を冷やさないこと、ストレスを溜めないこと、十分な睡眠をとること、などなどいろんな本やウェブサイトにいろんなことが書いてあります。

 

まぁ、確かに当たり前と言えば当たり前のことなんですが、働いている身としては全てを達成するなんて無理ですよね。というか、全て達成できていない。

 

睡眠は毎日6時間半程度はとれていたものの、仕事で遅くなったら晩ごはんなんて作ってられないし、お風呂はシャワーで済まし、ストレスだらけの仕事。

 

 

そんな中、某コンビニで売っているチアシード入りドリンクのプチプチ食感が好きでよく買っていたのですが、ふと「そういえばチアシードって身体にいいんやんな…」とひらめき(コンビニ側としてはそういう健康志向商品なので当たり前なのですが)、チアシードについて詳しく調べてみることにしたのでした。

 

調べてみると、どうやらいろんな栄養素がとれるようで、でも1日に必要な量をコンビニドリンクだけでは摂りきれないしコストもかかるし、と思いスーパーで購入することに。

初めて買ったチアシードは(乾燥状態で)250g入りで1000円ぐらい。

これを1日12g(大さじ1杯分)食べればいいらしい。

1日12gだと、約20日分ということになり、1日約50円。

 

どうやって食べるかを調べてみると、どうやら気をつけなくてはいけないのが、

乾燥状態のままで食べたり、水での戻し方が不十分だと便秘になりやすいとのこと。

便秘になりやすいというだけでなく、発芽毒とかいうものがあって、でもその発芽毒がどういう影響を及ぼすのかはあまりよくわからないんだけれども、10倍の水で12時間以上戻せばいいみたいなので、とりあえず従ってその通りにする。もちろん毎日するのは面倒くさいので3日分を一気に戻すのだけれども。

そしてそれをヨーグルトに混ぜて食べたり、炭酸水に入れて飲んだり、なんとか20日続けることができました。ちなみにチアシードはそのまま噛まずに飲み込むと満腹感が得られてダイエットになるとか。チアシードの栄養素を摂取したいならよく噛んで食べるといいとか。私は栄養を取るのが目的だったのでドリンクに入れて飲む時もチアシードはよく噛んでいました。

そして1袋無くなったので今度はアマゾンでチアシードを購入しました。

結局これは最後まで続かずまだ残っているのだけれども…

 

でも20日間続けてみてふと思ったのは、少なくとも便秘対策にはなっていないな、と。

別に便秘対策として食べていたわけではないからいいんだけれども、なんか逆に便秘気味になった気がする。

 

おかしいなぁ。

 

 

 

妊活で準備したもの。買ったもの。その3〜葉酸サプリ〜

どうもこんにちは。ミエハルコです。

 

今回は妊娠・プレママブログではお決まりの葉酸サプリについてです。

 

妊活について調べていると、「基礎体温を測る」とか「冷えすぎない」に続いてよく見るのが「葉酸を摂取しましょう」というものだと思います。

 

が、これってよくよく読むと、葉酸摂ったからって別に妊娠しやすくなるわけじゃなくない?

 

確かに、妊娠する前から葉酸を摂っておくことは大事なんやろうけど、まるで、妊娠するためには葉酸が必要だ!のように思っちゃう人とかいるんじゃないかと思います。

 

こんなにも葉酸摂取が叫ばれているのは、葉酸摂取=妊娠しやすくなる、からではなくて、葉酸摂取により胎児が神経管閉鎖障害になる可能性が低減する、からということだそうです。

 

と、そんなことを言いつつも、自分自身いつ妊娠してもいいように妊活中から葉酸サプリを飲み始めようと決意するのでした。

 

そこでブチ当たった壁がひとつ。

 

「どの葉酸飲んだらいいの???」

 

インターネットで見てたら種類多すぎてわけわからんのやけど…

値段もピンキリやし、鉄分とか入ってんのもあるし、もう何が正解なん??

 

と、もう葉酸を買う時点で巷の情報の洪水に飲み込まれてめんどくさくなり、

葉酸を飲もうと決意してから最初に葉酸を買うまでかなりのタイムラグが生じたのでした。

 

しかしいよいよ旦那も本気になって調べ始め、「葉酸飲めよ!」と言ってきたので、

本腰を入れて買うことに。

とりあえずネットで売られている高価な葉酸サプリはスルーして、近くの西友に向かいました。

 

厚生労働省が推奨しているのは、妊娠の1ヶ月前から妊娠3ヶ月までは通常の食事に加えて1日0.4mg(=400μg)の葉酸を栄養補助食品(サプリ)で補うということ。

 

じゃあとりあえず400μg分飲めばいいのね〜と思って、最初に選んだのが、

大塚製薬ネイチャーメイド葉酸200μg 150粒入り でした。

 

選んだ理由は、値段もお手頃で有名なサプリシリーズだったということ。それだけ。

 

1瓶で700円ぐらいだったから、1日(400μg)あたり9.3円ぐらいの計算。

ネットで買えばもっと安くなるんでしょうが。

 

そしてこれを1日2粒飲めば2ヶ月半でなくなる計算。しかしズボラな私のことなのでもちろん1瓶飲み切るのに3ヶ月以上かかったのでした。

 

ネイチャーメイドが無くなった次は、「アサヒのサプリ、ディアナチュラ♪」でおなじみ、

ディアナチュラ葉酸480μg+ビタミンB12+ビタミンC+鉄 20粒入り パウチタイプ

これは1パック200円ぐらいだったので、1日分あたり10円の計算になりますね。

ネイチャーメイドとだいたい一緒ぐらいになりますね。

葉酸以外にもいろいろ入ってるし、何より1粒で済むのがいい!と思います。

パウチタイプは20粒しか入っていないので、これを2回ほどリピートしましたが、その次は、産婦人科クリニックでもらったどこかの高そうなメーカーのサンプル。サンプルと言っても1回分とかではなく、1週間分ぐらいの量が入っていて、小さくて飲みやすい。でも1回4錠飲まないといけない…

この時点でようやく気づいたことがひとつ。

 

やっぱり水で飲むタイプはめんどくさいな… ということ。

 

サプリってみんなどのタイミングで飲んでるのでしょうか。すぐ飲むの忘れてしまわないですか?

しかもいちいち水用意するのめんどくさくないですか??

 

そこで目を付けたのが、前から存在は知っていた、ピジョンのラムネタイプのサプリでした。

 ピジョンの「かんでおいしい 葉酸タブレットCaプラス」60粒入り

2粒で葉酸400μg、鉄分10mg、ビタミンB6、B12、カルシウムが摂れます。

 

これがうちの近所では売ってる所が少なくてなかなか買えなかったんですが、ついに購入。

 

おお、これは…!! めっちゃ楽!!

 

仕事中に小腹がすいた時はグミやラムネをよく食べていたので、会社に持っていってそのタイミングで食べれば忘れることはないし、水もいらないし、何とも私にはぴったりなサプリでした。

 しかしこれは1パック1400円ぐらいしたから、1日分あたり47円?! 高っ!!

本当にそんな値段やったかな、なんでそんな高いの買ってたんやろう、と自分で疑わしくなったので近所のドラッグストアに値段を確認しに行きましたが、なんと…

何軒探しても置いてない!!

近所のドラッグストア数軒だけでなく、繁華街(京都で言うと三条河原町四条烏丸ぐらいまで)のドラッグストアもできるだけ回ってみたけど、全然置いてないのです。

そんなことある??ほんまに不思議。

東京のドラッグストアでは、サプリメントコーナーではなくベビー用品売場に置いてあったので、もちろんそちらもチェックしてはいたのですが。

今度から買う時はネットで買うしかなさそうと諦めるのでした。

 

話はそれましたが、ピジョン葉酸タブレットネイチャーメイドディアナチュラと比べると若干高いのかもしれませんが、続けられてこそ、のサプリだと思うのでズボラな方にはぜひオススメです。

 

結果的に3つのサプリを試したわけですが、自分にとって続けやすいという観点からはピジョンのサプリだったわけで、それら3つともがサプリとして良いかどうかというのはわかりません。無責任かもしれませんが、私には医学的な専門的知識なんてありません。

 

インターネットを見てると、葉酸サプリについていろんな情報があって、やれ天然だから安心だとか、合成葉酸じゃないと効かないとか、工場がどうとか添加物がどうとか、いろいろ言われていますが、そもそも3人子ども産んでる友人なんかは葉酸まったく飲んでないって言うし、うちはまだ子どもは産まれていないので、果たして葉酸サプリの効果があったのかどうかはわかりませんが、私は一種の気休めみたいなものかと思って、飲んでいます。

 

以上、長くなりましたが、葉酸サプリについてでした。

妊活で準備したもの。買ったもの。その2〜携帯アプリ〜

どうもこんにちは。ミエハルコです。

 

私が妊活中に使っていたアプリ「Eggy」について書きたいと思います。

 

そもそも妊活以前から自分の生理周期を記録するのにルナルナ(Lite)を携帯に入れていました。

 

無料版でも生理の始まった日を入力するのを数ヶ月繰り返すと自分の月経周期がだいたいわかります。

体温を記録しないならこれで十分、というかこれでも入力するのをけっこう忘れることはありました。

たった月1回のことやのにね。いや、月1回だからこそ。

 

そして、いざ基礎体温計を買い、毎日の体温の記録をつけることに。

 

ルナルナLiteでも基礎体温をつけることはできるのですが、どうもそれをグラフにできないらしく、非常に見にくい。

排卵日の体温ががくんと下がる日を知りたいんやから、絶対グラフで見た方がわかりやすいのに、なんでその機能を作らないんだろう、もったいない。

(と思ってよく調べるとルナルナシリーズで基礎体温記録用のアプリもあるみたい)

 

というわけでAppストアで探してグラフの作れる「Eggy」というアプリを入れることに。

 

このアプリのいいところは、まずなんと言ってもアプリのアイコンがシンプルでそれとわからないのがいい。

たまごのマークだけなので、パッと見ただけではなんのアプリかわからないし、起動するときにもたまごのマークが表示されるだけですぐカレンダー画面になり入力できます。

一方、ルナルナなんかは有名なので男性でも何するアプリなのかわかってしまうと思うんですね、

なんかの拍子でスマホのデスクトップ画面を他人に見せることってけっこうあることで、

そこにルナルナがあるのを見られるとなんかちょっと恥ずかしい…のは私だけ?

しかもルナルナは起動すると、「ルナルナ ブルーな日をかわいく乗りきる♪」という画面が出てきて、それから入力画面に切り替わるというかたち。

家で使う分なら別に問題ないんですが、電車の待ち時間とか乗ってるときにその朝の体温を入力する私にとっては後ろから見えてるんじゃないかと不安で、いや、自意識過剰なんやろうけど、意外と見てる人っていると思うし、いや、別に見られたからどうってことはないんやけど、なんかちょっとねぇ…

 

ということでグラフも見やすいEggyを愛用していたのでした。

 

それでもルナルナを併用していた理由は…Eggyだけだと過剰に期待してしまう、からでした。

 

ルナルナも体温の記録はなくても排卵日や妊娠可能性の高い日、次の生理開始予定日は予測してくれます、でもちょっとEggyとは日にちがずれる。それが私にとってはよかったようです。

 

妊活していて辛いのは、生理予定日の一週間ぐらい前からそわそわし出して、意識しないようにしてるんやけど、意識せずにはいられなくなり、予定日が近づくにつれトイレに行くのにドキドキして、えいっ!とパンツを下げて、何もなければなんかほっとして、でもまた次のトイレで同じようなことを繰り返して、生理予定日を1日でも過ぎると、あれ、もしかして…とか期待を持ってしまい、なまじ期待してしまったばっかりにパンツを下げてがっかりした時のがっかり感と言ったら…なんど会社のトイレで泣いたことか。

しかもその後の生理痛の痛さは通常の何倍も痛い気がするのは私だけ?

 

だから期待しすぎたらあかんってことで、ルナルナを併用することで予定日の幅を広げて、「Eggyでは今日が予定日やったけど、ルナルナは明後日やから期待したらあかんで」と自分に言い聞かすのでした。

 

Eggyのいいところの2つ目は、妊娠した後は妊娠モードで赤ちゃんの週数がわかりやすい、というとことでした。予定日を入力すると今何周目であと何日で産まれるのか、というのも見やすく表示されます。

他のアプリはわかりませんが、少なくともルナルナLiteにはないようです。

 

という2つの理由でもし2人目を望むときにはまたEggyにお世話になると思います。

 

 

妊活で準備したもの。買ったもの。その1〜基礎体温計〜

どうもこんにちは。ミエハルコです。

 

私が妊活中に買ったものを紹介したいと思います。

 

妊活にいたるまでの経緯としては…

28歳で結婚、29歳で結婚式を挙げ、その後の新婚旅行から子づくりを始めました。

その時すでに30歳。

「いい歳やから、まぁそんなにすぐにはできひんかもしれん、もしかしたら最悪できひん身体ってこともあるかもしれんなぁ」とは思っていました。

 

いや、思ったふりをしていました。そんなことを思いつつ、内心はすぐできちゃうんじゃないの〜とか思っていたのでしょう、その頃は。

ところが、いざ妊活を始めてみると、なかなかできない。

 

なかなかと言ってもその時はまだ何ヶ月かしか経ってないのですが、本人にしてみればそれだけでもすごく不安になってくるもの。

友達から聞いていた話では、妊活始めてちょうど5ヶ月はかかった、別の友達もちょうど5ヶ月目で成功した、というので5ヶ月を過ぎるとますます不安は大きくなっていくのでした。

実は妊活を始める前から基礎体温計は買っていました。

そもそもそれが妊活じゃねーか、とも思いますが。

 

自分の排卵周期を知るのに2、3ヶ月はかかるから本格的に妊活始める前から準備しといた方がいいとは聞いていたので、結婚式前ぐらいからオムロンの婦人体温計を買ってはいたのです。

 

しかしなんせズボラなもんですから、これがなかなか続かない…

だって起きてすぐって動いてしまうやん?!

どこまで動いたらアウトでどこまでやったらセーフなんかわからんようになり、

体温計の出した数字も信用していいんかどうか。



さらに、「排卵日がわかればいいんやから1ヶ月まるまる記録する必要はなくて、排卵日とか生理の前後だけ測ればいいんちゃうん」と楽するための理屈を作ってしまい、

ほどなくして基礎体温計はベッド下の収納の中で長い眠りにつくのでした。



しかしいよいよ焦った私は真面目に基礎体温をつけることに。

本気になれば人間意外と頑張れるもので、排卵日にがくんと体温が落ちるというのがはっきりわかるようになったのでした。

 

それでもやっぱり排卵日よりちょっと前から測り始めて、生理終了後数日までという1ヶ月のうち半分ぐらいしか測っていませんでしたが。

でもこれをやると、翌月に測り始めるタイミングを忘れたりするので、続けられる人は1ヶ月続けた方がいいのでしょう。続けられる人は、ね。

 

基礎体温計にもいろんな機種があって、記録できる機種が便利そうやったけど、

でもなんかちょっと高かったし、自分で書けばいいやと思い、安い機種を購入。

 

 

でもとにかくズボラなもんで、測ってすぐアプリに記録すればいいものを、朝起きて20分で家を出る私にそんな時間はなく、電車やエレベーターの待ち時間とかに入力するのでした。

入力するのでした、とか言ってますが、入力すれば良い方で、ついつい忘れて次の日になり、今日の体温なのか昨日の体温なのか、どうせなんぼも変わらんし、適当につけるという日もよくあったなぁ…やっぱり記録できる機種にすればよかったんかな、今思ってみれば。

 

と思っていたら!!

今この記事を書いていてちゃんと調べてみて衝撃を受けたのですが、

なんとこの機種、記録をPCやスマホに転送できるん?!

全然知らんかった…

というか多分最初は知ってたんやろうけど、iPhoneには対応してないから早々にあきらめたんやろうなぁ。

しかも基礎体温計の中でもけっこう高いやったし…

 

さっきは、さも自分で選んだみたいに書きましたが、実は旦那がアマゾンか楽天かで買ったものなので、詳しい経緯は知らないのです。

帰ってきたら問いつめないと…



でも10秒で測れるのはせっかちな私には本当によかったです。うん。





 

いかに手間とお金をかけずによく見せるか

はじめまして。

 

現在妊娠9ヶ月のミエハルコと申します。

 

生まれも育ちも京都で、4年前に東京に転勤してきました。

 

産休に入り仕事もひと段落したので、初めての妊娠で自分自身がわからなくて調べたことや役に立った情報などをこのブログに書いていこうと思います。

 

ブログのタイトルの通り、ケチでズボラなくせに、人一倍見栄っ張りの負けず嫌いの 性格なので、いかに手間とお金をかけずに見た目よく見せるかに日々注力しています。

 

無事子どもが生まれた暁には、育児に関することも書いていきたいと思います。

 

そのほか、京都・文京区周辺地域の情報や、生活を便利にするためのささいでくだらない工夫などを紹介していきます。

 

拙い文章ですが、わかりやすく書いていくよう努めますので、どうぞよろしくお願いいたします。